五月の雨

雑記

2017.10.22

 

f:id:tenpurahime:20171022182221j:image

 

雨でしたが、どうしてもコキアを見たくて、ひたちなか市に行きました。

青空だったらコキアの色がもっと映えたのかな、と云う考えは如何しても頭を過ぎりましたが、それでも鮮烈な赤色は、雨粒を含んできらきらと輝いて美しかったです。

中東らしき風貌の女性の方々がコキアみたいにまあるく集まって、自撮り棒で写真を撮っているのがとても可愛らしかった。

 

 

f:id:tenpurahime:20171022183024j:image

f:id:tenpurahime:20171022183028j:image 

 

方向は正反対ですが、鹿島神宮にも行きました。ここはまた訪れたいです。奥の方まで全て見て回ることができなかったから。本当は鹿も見たかったの。時間がなく、断念、残念。

 

武甕槌大神は武道の神様と云う所為か、何となく、がっちりした筋肉隆々な姿を想像するのです。声は大きくすこし粗暴で、情に厚そうなあんちゃんタイプ…。

 

御朱印を戴いて、台風から逃げるように帰宅しました。

 

 

 

 

道中感じたこと。

 

茨城、「お食事処」と書かれた食堂が頗る多い

 

 

 

皐月