五月の雨

雑記

2017.9.18

 

  戦友であるS画伯が誕生日を迎えたので、お祝いの言葉を送った。

  S画伯は竹を割ったような性格であるのに、時折ヒステリーを起こすような人だ。それでも寝て起きれば全てを忘れ、ご飯をもりもり食べる(それなのに決して太らない)。趣味は替え歌。気持ちいいほど単純な性格であり、そんな画伯が僕は大好きなのである。ちなみに本日の晩餐は炊飯器で拵えたチキンライスらしい。

 

  僕のもう一人の戦友に、ハシビロコウ(あだ名であり、人間である)がいる。

  奴は頗る目つきが悪い為にこんなあだ名がついてしまった。満更でもなさそうだが。

  ハシビロ(あだ名であり、人間である)はここ六年で住処を転々としており、新潟→岩手→愛知→静岡と、本当に大儀じゃのー、と云う感じだ。僕なら絶対に無理だし、途中で野垂れ死ぬと思う。画伯とはこの夏、会うことができたが、ハシビロとはゴールデンウィーク以降あえていない。最後に声を聞いたのは、三人で通話中、画伯と僕が考えに考えた夕食のメニューをコンビニで買わせたあの日。ハシビロは最悪の組み合わせに嘆いていた。元気かな。

 

  今迄にS画伯ともう一人の戦友、ハシビロ(あだ名であり、人間である)と三人旅をした。一度目は山口県。二度目はハシビロの出身地である新潟県。バラバラの地に住む我々が、次に都合を合わせることが出来るのは来年の夏だ。次の行き先は熱海。早くみんなに会いたい。僕に会う時はそれぞれ住む地の名物麺を持参すること。かしこみかしこみもうす。

 

  しかしこんな怪態な皐月とよく仲良くしてくれると思います。みんなとても優しい、そして強い。そんなことを考えた一日でありました。

 

  葛飾北斎の娘、葛飾応為のドラマをみました。宮崎あおいの頸が美しかったのは勿論のこと、応為の男みたいな性格とか、絵に対する心持ちとか、北斎への想いとか、素晴らしかった。いいなー。僕はああ云う、何処までもひとつのことに一途な人に弱いです。くらくらします