五月の雨

雑記

2017.9.16

 

今日は一日何もしない日にしようと思っていましたが、本当に何もしない一日となりました。

 

最近は夜に眠る生活を続けているので、朝起きることが苦ではなくなり、遅くても7時には起きるようにしています。

 

それでも折角の土曜日なので、10時に起きて、ぼーっと朝ご飯にショートケーキを食べ、ゆっくりお昼ご飯を作り、午後はただただ惰眠を貪り、夜に比内地鶏の頗る美味い中華そばを煮て食べ、振り返れば食って寝ることしかしていません。本当に素晴らしい。

 

他にしたことと言えば、横溝正史を2ページだけ読んで、天井の梁を数え、外のヘリコプターの音に昔を思い出し、次図書館で本を借りるとしたら伊島りすとの『飛行少女』だな、とか、今月中に林風舎の切り株みたいなバウムクーヘン又は、抹茶チーズケーキをもう一度食べたい、とか、相馬楼の舞妓になりたい、とか、子供服を着られるくらい痩せたい、とか、死ぬまでに中国を一人旅してみたい、とか、高野山に行きたい、とか、綺麗な女の子になりたい、とか、綺麗な男の子になりたい、とか、そう云うことをぼやぼやと考えたくらいです。

 

今日はもう珈琲を飲んだら、心霊映像でもみて、お風呂に浸かってお肌を丁寧に労わり、芥川を読んで終わりにしたいと思います。寝る前の最近のお供は専ら芥川さんです。

 

去年は沢山本を読んだなー。今年は全然ですね