読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五月の雨

ただの雑記帳。描いた絵とか読んだ本とか考え事とか。

青森1日め

日記

 

4日から5日にかけて一泊二日のひとり旅してきました。

青森県青森市を堪能する旅です。

ちなみに僕は青森県出身ではありません (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

なぜ青森県?況してやなぜ青森市?と疑問に思う方が多いと思います。

僕もそう思います。

本当は新潟県のお弥彦様(弥彦神社)に初詣に行く予定だったのですが、一泊二日の旅ではどう頑張ってもお守りを変える時間に辿り着けないことがわかったので、敢え無く断念。

でもどこか、そんなに遠くないところで一人で行って泊まって美味しいもの食べたかったんです。

なにもかもちょうど良かったのが、青森県だったのです。

 

そして麺類大好き人間の僕は、青森市B級グルメ味噌カレー牛乳ラーメンを一度でいいから食べてみたかったのです。

僕、いつも青森県で遊ぶときは面白いほどに大体十和田市なんですよ。

そんでもって帰るころに、青森市味噌カレー牛乳ラーメン食べるんだった!!と思い出して絶望するのです。絶望は言い過ぎです。

 

ということで、新幹線で行ってもなんだか味気ないので、在来線で行ってきました。青森市

片道6時間くらいかかりました。着くころには背骨が鉛筆の芯のように硬直していました。

 

f:id:tenpurahime:20170107143648j:image

 

雪が積もっていました。

僕の住んでるところはもう溶けちゃったので新鮮でした。

今年は雪が少ないのであります(◞‸◟)

 

 

ホテルにチェックインの時間まで40分程あったので、ぶらぶら市街を探索しました。

暫く歩くとなんだか怪しげな看板が。

 

 

f:id:tenpurahime:20170107145338j:image

 

 

おまえは和田アキ子か。

 

見ると細くて急な階段が上まで伸びていました。

どうやら純喫茶のようです。

ドアを開けると室内に立ち込める珈琲の香りと、老若男女の歓談の声が。

 

あわわこんどるなあ、と先を探すと、おじさん4人組の隣がちょうどぽっかり空いていました。

そこに腰を下ろすと店のおばさんがきて、窓側空いてるからそっちもいいよ。と教えてくれました。

僕はそちらに移動して、ブレンドとフルーツケーキを注文しました。

 

f:id:tenpurahime:20170107145816j:image

 

どうやら老舗のお店のようで、地元のお客さんで賑わっていました。

僕の近くの席に座る二人組の女の子たちは合コンの話で盛り上がっていましたし、その近くのおばさんたちは腰痛の話で盛り上がっていました。

 

f:id:tenpurahime:20170107150838j:image

 

フルーツケーキも珈琲も美味しかったです。

ショーウィンドウに入ってるケーキは他にも色々あって、一番右端の茶色いやつ(名前を失念)も美味しそうでした。

 

今度は誰かを連れて行きたい場所でした。

そうだ、明日の朝ご飯はここでモーニングセットを食べよう!

 妙案を思いつき、会計を済ませ、おばちゃんに「明日も来るからこの顔覚えといてくださいよ」的に微笑んで、僕は店を後にしました。

 

f:id:tenpurahime:20170107151334j:image

 

 

ホテルのチェックインを済ませ、室内でごろごろした後、今度は駅周辺を歩いてみることにしました。

 

f:id:tenpurahime:20170107151442j:image

 

夜になると、ねぶたを彷彿とさせる和紙のオブジェが沢山並んでいました。

どれくらい数があるんだろう。

 

f:id:tenpurahime:20170107152035j:image

 

f:id:tenpurahime:20170107152045j:image

 

f:id:tenpurahime:20170107152127j:image

 

市民が作ったものがずらりと並んでいて温かい光の道を作っています。

 

雪を乗せた風がぴゅうぴゅう冷たかったのですが、とても綺麗だっので随分長いことそこにいました。

 

f:id:tenpurahime:20170107152410j:image

 

近くのねぶたの博物館みたいなところもちらっとよりました。

 

 

さて、辺りはもう真っ暗ですし晩御飯の時間です (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

お目当の味噌カレー牛乳ラーメンを食べるべく、ここからかなり歩きます。

バス使えばよかったのですが、待ち受ける味噌カレー牛乳ラーメンを美味しく食べるために、僕はひたすら歩きました。

未知の味はもうすぐそこ!

 

 

f:id:tenpurahime:20170107152722j:image

 

ヤッター!

味噌カレー牛乳ラーメンです。

絶妙なお味!とってもまろやかなスープが冷えた身体に染み渡ります。

バターが本当に「いい仕事してますねえ」なんです。このスープ、リットルで飲みたい(◞‸◟)

あまりの美味しさに友人に連絡したところ、「おまえはその旅で業を捨ててこい」という返事が。おまえはラーメンについて触れろ。

 

1日めは移動に時間を費やしました。

見事に食べてばかりの素晴らしい1日でありました。

味噌カレー牛乳ラーメンは本当に美味しいので、みなさん食べてみて下さいね (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)