読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五月の雨

ただの雑記帳。描いた絵とか読んだ本とか考え事とか。

夢をみていた

 

  夜に童話村に行ってきた。

 

f:id:tenpurahime:20160920021250j:image

f:id:tenpurahime:20160920021306j:image

f:id:tenpurahime:20160920021313j:image

f:id:tenpurahime:20160920021321j:image

 

  幻想的なオブジェと音楽で、ずっとこの世界に浸っていたかった。暗闇ときらきら光る透明なものが大好きだから堪らなかったし、優しい秋の風が心地よかった。

  「耳をすませば」の雫の夢の中を思い出した。宝石・鉱石が光り輝くトンネルのような道をひた走り、最後に雛の死骸のようなものを掴んでしまうシーンだ。

  あんなに閃光めいた輝きではないけれど、なんだか近しい雰囲気はある。

 

  時間遡って、午前中。つい一目惚れして買ってしまった。

 

f:id:tenpurahime:20160920021920j:image

 

  勿体無くてまだ食べてはいない。うさぎが二羽もいるなんて幸せ!

 

f:id:tenpurahime:20160920022008j:image

 

  お香もうさぎ。豆粒のようで可愛らしい。

  うさぎは良いね。和風雑貨の店には必ずと言って良いほど、どこかにうさぎがいるからついはしゃいでしまう。

 

  幸せな一日だった。