読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五月の雨

ただの雑記帳。描いた絵とか読んだ本とか考え事とか。

2017.4.24

なぜか5月生まれだとよく間違われるので、5月には妙に親近感があります。大好きな花が咲く季節ではあるけど、花よりも緑が増えて、生命のエネルギーも少しだけ落ち着いて、大変爽やかな月であります - 何かしなければ、と思い、古文と現代文の勉強をしていま…

2017.4.22

咳はまだ煩いのですか、大分落ち着いたので、お稽古き行ってきました。 条幅6枚、半紙10枚程書きました。 最近草書が楽しい。孫過庭の書譜ばかり書いてます。今月は王羲之と一緒に練習が出来るのが良いです。週一の稽古ではどうも足りないので、家でも書くよ…

2017.4.21.2

少しだけ外に出ることが出来ました。 オオイヌノフグリが咲いてきました。 躑躅が咲くのは来月くらいでしょうか。 そのころは再び病院生活なので、写真を送って貰おうと思います。 風が心地よかった。 気分がいいです。少し寝ます

2017.4.21

大抵ここに戻って来るのは、発作が起きたり、酷く具合が悪いときだったりするのですけど、またしても駄目になっちまったので、暫くはここで息をします。正直、あとどれくらい生きられるかてんで分からないので、感じたことを前のようにぽつぽつ綴ったりして…

2017.1.2

物事には必ず価値というものがあって、その物事に従ってつけられていると思っているのですけど、多くの人々に触れられて価値が上がるものと、逆に価値が下がってしまう(陳腐になってしまう)ものがあるなあと、最近考えます。 何かを表現することは、自分の五…

2017.1.1

あけましておめでとうございます。 今年は丁寧に一日を過ごしていきたいです。 具体的にはお味噌汁を毎朝飲める余裕がほしいですね。 僕はTwitterでいつもぶつぶつ呟いているんですが、Twitterで呟けないことを此処では書き綴ろうと思います。 今年は紅白の…

2016.12.20

明日から冬休み。 いっぱい絵が描けるので嬉しい。 まだ外には出られそうにないのでちょっと塞ぎがちだったけれど、それなりに生きている。 年賀状はあと5枚描けばよいので、なんとか25日までには投函できそう。 よきかな。 WOWOWでアンダーワールドとかレデ…

2016.12.15

頭が割れるように痛かったので炬燵で寝ていたら、飼っているうさぎが顔の周りをうろちょろするので、お前も一緒に寝るかと引き寄せたのですが、ぷーと鼻を鳴らしてから渾身のうさ蹴りを僕にかまし、勢いよく跳んでゆきました。 こんなとき、犬猫だったら一緒…

2016.12.6

黒澤明の『羅生門』を観ました。 原作は芥川龍之介。 内容は『藪の中』と『羅生門』にオリジナル要素を入れたような感じのもの。 恥ずかしながら、原作の『藪の中』は未読であります。 人間のエゴイズムをこれでもかってほどに描き出していて、面白かったで…

2016.12.5

何をするにも人より時間がかかるのですが、集中力だけは負けない自信があります。 今日はいろいろ作業を終えた。 明日への不安を解消するためにひたすら動いているような感じであります。 やらなきゃやらないとでモヤモヤしたり、眠れなかったりするのです。…

2016.12.3

はさみでちょきんとするのではなく、ペンで書き足していく、そんな毎日を送りたい。 お料理を頑張ります。

2016.12.2

二つ上の先輩が僕の住む街に来たので、行きつけのカフェへお連れした。 これで千円。 素晴らしい。 ケーク・サレなんて初めて食べた。 プレーンとカレー味の二種類。 凄く美味しかったのでまた食べたい。 いつもジェノベーゼとコーヒーばかり頼んでしまうか…

2016.11.29

アヒージョばっかり食べていたら、一日が終わりました。 先輩たちに連れられてご飯を食べたのですが、色々な話をして大変愉快でした。 人と会話するのっていいですね。 僕の中で忘れかけていた何かを蘇らせて貰ったような気がします。 まだ若いんだから、何…

2016.11.27

でろでろと美味しい中華蕎麦食べて来ましたよ (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે) 幸せ! 幸せの形はどんな形ー? まあるい形だよ! お店は二代目正太郎さん。 お昼時と云うのもあるけれど、絶えずお客さんがやって来て混み合ってました。 僕は中華蕎麦、でろさんは混ぜそば…

2016.11.26

絵を描く時でも字を書く時でも言えるのですが、僕はその日のうちに完成させなきゃいけない、と云う謎の強迫概念に襲われることが多々あります。 時間はたっぷりあるし、締め切りがあるわけでもないのに、筆を持つと手が止まらなくなるのです。 寝食忘れちゃ…

2016.11.25

最近は絵ばっかり描いています。 漸くスケッチブックを買ったのです。 買ったのは、初心者向けの安価なやつだけど、普段コピー用紙に描いていた僕としては、泣きたいほど良い紙質です。すげー(・v・) ずっと篭っていると、精神がやっぱりおかしくなるので、明…

2016.11.23

水曜日のお休みって、中途半端でどう過ごせば良いか分からなかったので、とにかく勝手気儘に過ごすことにしました。 字書いて、しなしなの林檎でアップルパイ作って一日が終わってしまいました。 半切三種類。 上手くなりたい。 一週間に一度の稽古じゃ足り…

2016.11.21

死にてえ!死にてえなあ! と云う呪詛を公共の電波に垂れ流しまして、昨日僕は誕生日を迎えました。 何と云う事でしょう(◞‸◟) こんな呪いの言葉を吐くなんて家族に申し訳無い。 なんつうか、今迄こうやって生きてきましたけれども、この一年は本当に周りの人…

2016.11.15

僕の小学校は体育館のステージ下に地下倉庫がありました。 暗くてひんやり湿った空気。教室に収まらなかった机や椅子が並ぶ場所です。 いつ行っても、年に一度だけ床にかけるワックスの、つんとした匂いが鼻につく場所でした。 そこは児童は立ち入り禁止なん…

2016.11.14

言う程、他人は僕を見ていないし、僕も他人を見ていないから、心地いいのであります。 おまえも、おれも、あいつも、現金だなあ。 自分がよけりゃ、いいのだもの。 ただその偽りの安寧が、誰かを静かに静かに傷つけていることを、ひっそり思い出してぼうっと…

2016.11.12

昔は国道だったそうです。 ここを歩く子供はもう居ないんだけど、未だにあるこの標識が大好きなのであります。 今日はお稽古の日でしたが、あんまり上手く書けませんでした。 週1だとなかなか厳しいものがあります。 昔のようにぐんぐん上達はしないね。 子…

2016.11.10

淋しかったから くちづけしたの

2016.11.9

影響の受けやすい僕ですが、何だか人生の転機になりそうな一日でありました。 米の大統領選がまずそのきっかけのひとつですが、仕事でもちょっとだけ、自分このままじゃダメだなあと感じたのであります。 ので、自分の中で忘れないためにも今日から記事のタ…

アルデバラン

東の空をみると、横に傾いたオリオン座と赤色のアルデバラン、真上を見上げるとカシオペアが眩しい夜です。 冬の空は空気が澄んで、星の瞬きがずっと鮮明に見えますが、昔はもっと綺麗に見えたなあと思うのであります。 西の空は、10年ほど前にできた24時間…

無題

理由もなく心が騒つくので家でジッとして居ました。 知人友人からのLINEもちゃんと返せてません、 申し訳ない。 最近は悪い夢ばかり見ます。 テロやクーデターが起きて人が虐殺されたり、僕自身が人を殺したり殺されそうになったりする夢です。 人が死ぬ夢っ…

無題

悪いことをいっぱいした日でした。 平気なふりをして街を歩きました。 人が多いなあ厭だなあ、と思いましたが、日曜なので、当然なことであります。 誰にも迷惑をかけていないから、悪いことではないのかもしれません。 でも人に知られてはいけないことを沢…

無題

ポポーを大量に戴いたのですが、消費方法に困っています。 僕の家でポポーを好んで食べる者が圧倒的に少ないため、このままじゃ真っ黒のぶよぶよになって、無駄にしてしまうこと間違いなしです。 強烈な香りを放つポポー、又の名をポーポー、そしてポポ、こ…

無題

あの人のアカウントを見つけてしまったのです。 僕があげた画像に、僕がつけた名前から漢字を一文字そのまま使ったアカウント名でしたから、すぐに分かってしまったのであります。 あまり稼働していない様子があの人らしかった。 大きな手を思い出して、また…

無題

風が強い一日でありました。 お昼に遠くで聞こえる消防車のサイレンを聞き乍ら、牛肉を塩胡椒で焼いて、ご飯に千切りキャベツと一緒に載せて食べました。 風が強いから、火の回りは速いでしょうし、ちょうどお昼時だから起きた火事なのかなあ、とぼやぼや考…

傾斜と落葉とフクロウ

肌寒くなってきたとは云えど、此方の葉っぱたちが燃えるような服に衣替えするまでは、もう少し時間がかかりそうです。 古くからの友人と宮沢賢治記念館に行きました。 秋になるとどうしても行きたくなるのです。 フクロウの灯や鹿の親子の石像が懐かしいので…

多分、風。

サカナクションのニューシングルが発売されました。 疾走感が好きです。気持ちいい。 特典DVDの「フクロウ」も凄くよかった。 一郎さんの詩がとても好きなんです。詩集出して欲しいくらい。幾らでも払っちゃう。 「多分、風。」

夢をみていた

夜に童話村に行ってきた。 幻想的なオブジェと音楽で、ずっとこの世界に浸っていたかった。暗闇ときらきら光る透明なものが大好きだから堪らなかったし、優しい秋の風が心地よかった。 「耳をすませば」の雫の夢の中を思い出した。宝石・鉱石が光り輝くトン…

月と兎

中秋の名月。満月は明後日のようですが、乳白色の輝きに癒されました。 僕、月が大好きなのです。ストレスを抱えていて眠れない夜、空に月が浮かんでいると、少しだけ気持ちが楽になります。ぼうっと眺めているだけで、ざわつく心が落ち着きます。何も言わ…