読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五月の雨

ただの雑記帳。描いた絵とか読んだ本とか考え事とか。

2016.12.4

日記

 

若輩者だから、これからの人間社会を託されることに対する自覚がない。

 

大人たちは過去からずっと続くこの社会を、僕らの肩に担がせようとしている。

つまり、僕が核となる社会・時代がすぐそこまで来ているわけだ。

 

社会を支えることなんて、全く考えたことなかった。

ものすごい重責じゃないか。

 

ぼうっと生きてきて、生かされる側から人を生かす年齢になって、莫大に増える高齢者を支えて。

年齢はそろそろ大人なのに、中身が伴っていないと思うし、焦燥感に駆られる。

 

いつから人は自分を大人と自覚するのだろう。

内面的に自覚する日は来るのだろうか。

身体ばかりが成長して、脳みそが、心が追いついていかない。

 

勉強しなきゃならない、と思った。

自分の言葉でものを言えるくらいには。

 

誰もが考えることなのだろうか。

僕が気づくのが遅かったのだろうか。

なんだか何も知らないまま、死んでいくのが恐ろしくなってきた。

 

 

 

2016.12.3

日記

 

はさみでちょきんとするのではなく、ペンで書き足していく、そんな毎日を送りたい。

 

お料理を頑張ります。

2016.12.2

日記

 

二つ上の先輩が僕の住む街に来たので、行きつけのカフェへお連れした。

 

f:id:tenpurahime:20161202231820j:image

 

f:id:tenpurahime:20161202231828j:image

 

これで千円。

素晴らしい。

 

ケーク・サレなんて初めて食べた。

プレーンとカレー味の二種類。

凄く美味しかったのでまた食べたい。

いつもジェノベーゼとコーヒーばかり頼んでしまうから(これも大変美味しい)、冒険して良かった。

 

先輩と、どんな人が好き?みたいな話をして、僕は相変わらず「目が死んでいる人」だとか「踏んでくれる人」とか言うのだけど、先輩は「お月様みたいな人」と仰ったので、ああ、それいいなあと思いました。先輩の言うお月様みたいな人がどんな人かは分からないけど、これから僕もその表現使おうと思います。

だってお月様って綺麗だし、みんな好きだし、それぞれのお月様像があるから、都合よく解釈してくれそう。

 

とまるで便利屋のようにお月様を使うのはどうなのかとも思いますが、面白い直喩だと思いました。

 

 

 

 

言葉が見つからないのではなくて、言葉で表したいものが見当たらない。

こう云う時、無理に言いたいことを探すことは禁物なのかもしれないです。

自然と水がコップに満たされて溢れるのを待とう。

 

 

2016.12.1

日記

 

師が走るほど忙しい12月になってしまいました。

カレンダーを捲れば壁が覗きます。

 

今月こそは今進めてる漫画を描き終えたいです。

年賀状もちまちま進めたいと思います。

あとは本がいっぱい読めればいいなあ。

 

年越しそば、早く食べたいです (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

 

 

 

2016.11.29

日記

 

アヒージョばっかり食べていたら、一日が終わりました。

 

先輩たちに連れられてご飯を食べたのですが、色々な話をして大変愉快でした。

人と会話するのっていいですね。

僕の中で忘れかけていた何かを蘇らせて貰ったような気がします。

 

まだ若いんだから、何でも出来るよ!と言われ、あっ!僕、若かったのか!じゃあその通りじゃん!とあっさりと納得しました。

そうだよ、僕、お年寄りじゃないんだよ。

 

自信なんで全然ないから堂々と生きるのが怖いけれど、それは他と比較して劣等感を勝手に感じているからだ。

僕は、他じゃなくて、昨日とか一昨日の僕と比較して生きていけばいいし、それで少しずつ良くなっていくと云う事を繰り返していけば、自ずと自信ってつくのかなって、漸く分かりました。おせえよ。

 

取り敢えず何とか足掻きながら、また生きていこうと思います。

 

 

ところで、身体からオリーブオイルの匂いがする。

そして何だか、明日もアヒージョを食べそうな予感がする。

 

アヒージョ地獄かよ。

 

 

 

 

 

 

2016.11.28

日記

なんだか最近は本當に意味のわからないくらい自分がコントロール出來なくてもう良い年齡なのにこんな自分が情けなくていけないなあと思います言葉を大切にしたいのに口から出る言葉は凄く汚くて知らず知らずのうちに人の心に爪を立てて引っ掻いて傷付けている氣がしますし僕自身恐ろしいくらい人の言葉に敏感になっていてお前よくそんな口がきけるよなと目くじらたてています人って自分の理解の範疇を超えたり自分がタブーとするものや死守しているルールを容易く破られるといとも簡單に憤慨してしまうんだなあと常々思います別に感情曝け出しているわけではないのですが多分高壓的な態度が滲み出ているし薄々相手もそれを察しているなとこちらが察することが多々あるのです口には出さないけれども心の讀み合いみたいな變なピリピリ感を感じることが多いような氣がします大變疲れます大體そう云う時って相手も同じようなタイプだと起こるので何とも言えませんが僕が一番面倒臭いんですけど一緖になって事を面倒臭くする必要はないなあと思いました何も樂しくないですからねでも實際いろんな人閒がいることを想定せずに心無い言葉を惡氣無く投げられたりするので自分は氣をつけようと思いますこれだけはだめだ考え出したらきりがないけど自分が放った言葉は自分が最後迄責任を持って面倒みねばならないと思いますそう云う意識が僕には最近足りていないんですね凄く悔しいですなにか心無い言葉を投げられた時に賣られた喧嘩は買うじゃないですけどいちいち反抗しないでさらりと受け流すだけの度胸はほしいですね前よりはずっとついたと思うんだけれどなかなか難しいです大人になりたいし優しくなりたい

 

2016.11.27

日記

 

でろでろと美味しい中華蕎麦食べて来ましたよ (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

f:id:tenpurahime:20161128004719j:image

 

幸せ!

幸せの形はどんな形ー?

 

まあるい形だよ!

 

お店は二代目正太郎さん。

お昼時と云うのもあるけれど、絶えずお客さんがやって来て混み合ってました。

 

僕は中華蕎麦、でろさんは混ぜそばを注文。

こう云う魚介出汁のあっさりすっきり透き通るようなスープのラーメンがいっとう好きであります。

 

あっ、味玉はトッピングです (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

あと10個くらい食べられる。

 

 

麺同志、次回は秋田へ行きますよう。