読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五月の雨

ただの雑記帳。描いた絵とか読んだ本とか考え事とか。

青森2日め

日記

 

朝目が覚めると、なんとびっくり9時半ではありませんか。

常に深夜逆転生活を送る僕がいきなり午前7時に起きられるわけがないのであります。

何とかしたい、この狂った生活リズム。

このままでは自律神経に何らかの支障をきたしてしまうのであります(◞‸◟)

そして昨日の喫茶店でのモーニングセットは泣く泣く断念(◞‸◟)

 

しかし、ここでめげてはいけません。

僕はバッチリ身支度を整えて、何と朝風呂までキメて、ずんずんと駅まで歩くのです。

 

本日の任務は青森県立美術館に行くこと。

三内丸山遺跡行きのバスで途中下車。三内丸山遺跡には目もくれずに行きます。

 

f:id:tenpurahime:20170107155452j:image

 

到着!

何たる逆光。そして寒い!

 

なかなか大きな建物です。

中は案内がないと複雑怪奇(僕にとって)で迷って当然。

有難う学芸員さん。貴女達のおかげで僕は迷うことなく展示物を堪能することができました。

 

シャガールのバレエ『アレコ』の背景画は見ることができて本当に良かった。

縦9メートル、横15メートルもあるので圧巻です。どうやって描いたんだ(◞‸◟)

全4点のうち3点が展示されているのですが、残りの1点はフィラデルフィア美術館にあるそうです。

そして昨年の7月から9月までは、4点全て展示した世界初の記念展があったみたいです。

一足二足おそかったー(◞‸◟)

青森県立美術館すごいね (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

f:id:tenpurahime:20170107155819j:image

 

そしてやっぱり奈良美智さんの『あおもり犬』。

中には入れなかったので窓硝子越しの撮影です。静かな迫力があります。かわいいー

 

f:id:tenpurahime:20170107160531j:image

 

そして美術館でもケーキを食べる。

青森リンゴのタルト、甘酸っぱくて美味しかったです。

それにしてもここ、ぜんぶじっくり展示を見るなら、半日以上かかりそう。

 

個人的には奈良美智棟方志功、ちょっとだったけどクレーの絵を見れて満足でした。

 

電車の時間が近づいてきたので、駅に戻ります。

 

 

f:id:tenpurahime:20170107161320j:image 

 

お土産選びを1時間ほど。

味噌カレー牛乳ラーメンのカップ麺があったので買いました。

業を落とせと言いやがった友人に送るのです。

僕って優しいなあ (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે) (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે) (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

一人でぶらぶら街で遊ぶのもいいものです。

人と一緒に行くのもいいけれど、誰にも迷惑かけずに、じっくり見たいところを好きなだけ時間をかけて見ることができますからね。

また近いうち、どこか行こうと思います。

次は寝坊しないぞ(◞‸◟)

 

 

 

青森1日め

日記

 

4日から5日にかけて一泊二日のひとり旅してきました。

青森県青森市を堪能する旅です。

ちなみに僕は青森県出身ではありません (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

なぜ青森県?況してやなぜ青森市?と疑問に思う方が多いと思います。

僕もそう思います。

本当は新潟県のお弥彦様(弥彦神社)に初詣に行く予定だったのですが、一泊二日の旅ではどう頑張ってもお守りを変える時間に辿り着けないことがわかったので、敢え無く断念。

でもどこか、そんなに遠くないところで一人で行って泊まって美味しいもの食べたかったんです。

なにもかもちょうど良かったのが、青森県だったのです。

 

そして麺類大好き人間の僕は、青森市B級グルメ味噌カレー牛乳ラーメンを一度でいいから食べてみたかったのです。

僕、いつも青森県で遊ぶときは面白いほどに大体十和田市なんですよ。

そんでもって帰るころに、青森市味噌カレー牛乳ラーメン食べるんだった!!と思い出して絶望するのです。絶望は言い過ぎです。

 

ということで、新幹線で行ってもなんだか味気ないので、在来線で行ってきました。青森市

片道6時間くらいかかりました。着くころには背骨が鉛筆の芯のように硬直していました。

 

f:id:tenpurahime:20170107143648j:image

 

雪が積もっていました。

僕の住んでるところはもう溶けちゃったので新鮮でした。

今年は雪が少ないのであります(◞‸◟)

 

 

ホテルにチェックインの時間まで40分程あったので、ぶらぶら市街を探索しました。

暫く歩くとなんだか怪しげな看板が。

 

 

f:id:tenpurahime:20170107145338j:image

 

 

おまえは和田アキ子か。

 

見ると細くて急な階段が上まで伸びていました。

どうやら純喫茶のようです。

ドアを開けると室内に立ち込める珈琲の香りと、老若男女の歓談の声が。

 

あわわこんどるなあ、と先を探すと、おじさん4人組の隣がちょうどぽっかり空いていました。

そこに腰を下ろすと店のおばさんがきて、窓側空いてるからそっちもいいよ。と教えてくれました。

僕はそちらに移動して、ブレンドとフルーツケーキを注文しました。

 

f:id:tenpurahime:20170107145816j:image

 

どうやら老舗のお店のようで、地元のお客さんで賑わっていました。

僕の近くの席に座る二人組の女の子たちは合コンの話で盛り上がっていましたし、その近くのおばさんたちは腰痛の話で盛り上がっていました。

 

f:id:tenpurahime:20170107150838j:image

 

フルーツケーキも珈琲も美味しかったです。

ショーウィンドウに入ってるケーキは他にも色々あって、一番右端の茶色いやつ(名前を失念)も美味しそうでした。

 

今度は誰かを連れて行きたい場所でした。

そうだ、明日の朝ご飯はここでモーニングセットを食べよう!

 妙案を思いつき、会計を済ませ、おばちゃんに「明日も来るからこの顔覚えといてくださいよ」的に微笑んで、僕は店を後にしました。

 

f:id:tenpurahime:20170107151334j:image

 

 

ホテルのチェックインを済ませ、室内でごろごろした後、今度は駅周辺を歩いてみることにしました。

 

f:id:tenpurahime:20170107151442j:image

 

夜になると、ねぶたを彷彿とさせる和紙のオブジェが沢山並んでいました。

どれくらい数があるんだろう。

 

f:id:tenpurahime:20170107152035j:image

 

f:id:tenpurahime:20170107152045j:image

 

f:id:tenpurahime:20170107152127j:image

 

市民が作ったものがずらりと並んでいて温かい光の道を作っています。

 

雪を乗せた風がぴゅうぴゅう冷たかったのですが、とても綺麗だっので随分長いことそこにいました。

 

f:id:tenpurahime:20170107152410j:image

 

近くのねぶたの博物館みたいなところもちらっとよりました。

 

 

さて、辺りはもう真っ暗ですし晩御飯の時間です (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

お目当の味噌カレー牛乳ラーメンを食べるべく、ここからかなり歩きます。

バス使えばよかったのですが、待ち受ける味噌カレー牛乳ラーメンを美味しく食べるために、僕はひたすら歩きました。

未知の味はもうすぐそこ!

 

 

f:id:tenpurahime:20170107152722j:image

 

ヤッター!

味噌カレー牛乳ラーメンです。

絶妙なお味!とってもまろやかなスープが冷えた身体に染み渡ります。

バターが本当に「いい仕事してますねえ」なんです。このスープ、リットルで飲みたい(◞‸◟)

あまりの美味しさに友人に連絡したところ、「おまえはその旅で業を捨ててこい」という返事が。おまえはラーメンについて触れろ。

 

1日めは移動に時間を費やしました。

見事に食べてばかりの素晴らしい1日でありました。

味噌カレー牛乳ラーメンは本当に美味しいので、みなさん食べてみて下さいね (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

 

 

 

 

2017.1.2

日記

 

物事には必ず価値というものがあって、その物事に従ってつけられていると思っているのですけど、多くの人々に触れられて価値が上がるものと、逆に価値が下がってしまう(陳腐になってしまう)ものがあるなあと、最近考えます。

 

何かを表現することは、自分の五感で感じたものを言葉や絵や音楽や動きや演技や、そういったものを媒体として、うまく形にして、他者へ伝えることだと思うのです。自分の五感で感じたものが其の儘ダイレクトに他者に伝われば文句なしなんですけど、そうはいかないし、自分が感じたものを表現することは本当に難しいです。表現することで、または表現するために錯誤を繰り返す中で、表現したいものの純度が失われることがあったりします。

 

特に言葉はそうで、自分の感情、起きている事象を明確に伝える為に、一番相応しい言葉を探して、繋げて、構成して、なんとも難しい作業です。

的確な言葉が無ければ、拙い表現を、相手が理解するまで繰り返す。

それでもいいんでしょうけど、なんだか押し付けているようで厭になります。

何度も何度も繰り返せば、その言葉の価値も、本当に伝えたいことの価値が下がってしまうような気もするのです。

これは伝え手の生き様みたいな、そういうのも投影されてくるとも思うのですけど、総合して何かを表現することって難しいです。

 

陳腐だなあ、とか、くどいなあ、とか、思われたくないのです。

説明することが嫌いなのに、伝わってほしいなあ、と思うものばかり募っていく。

矛盾してますが、その矛盾を無くす為に必要なものは、なんだかんだ技術なんでしょう。

一番手っ取り早いのかもしれない。

 

でも、結局は、作為的なものを人に見られるのが怖いし、作為を感じさせない工夫を身に付けたい。

本当は何も考えず、バババとやって、それが他者に伝えることが自然とできる天才が羨ましいですけど、生憎、僕はそういう人間じゃないので、地道に考えながらやっていきます。

2017年はそういう年にします。

 

 

何だか抽象的な文章になってしまいました。

ラーメン食べたい。

2017.1.1

日記

 

あけましておめでとうございます。

今年は丁寧に一日を過ごしていきたいです。

具体的にはお味噌汁を毎朝飲める余裕がほしいですね。

 

僕はTwitterでいつもぶつぶつ呟いているんですが、Twitterで呟けないことを此処では書き綴ろうと思います。

 

 

f:id:tenpurahime:20170102002653j:image

 

今年は紅白の蓮根の酢の物を買うのを忘れたので少し物足りないです。

 

かまぼこは兎の形に切りました。

かわいいでしょ。

 

f:id:tenpurahime:20170102003046j:image

 

目はストローでくり抜いて、切り落とした耳の部分をはめ込んでます。

 

 

2016年は散々な一年だったので、今年は去年よりも我儘に過ごさせて頂きます (ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ૈ‿ↂ⃚⃙⃓⃠⃟ે)

 

こんな僕ですが、これからも皐月を宜しくお願いします。

 

2016.12.20

日記

 

明日から冬休み。

いっぱい絵が描けるので嬉しい。

まだ外には出られそうにないのでちょっと塞ぎがちだったけれど、それなりに生きている。

 

年賀状はあと5枚描けばよいので、なんとか25日までには投函できそう。

よきかな。

 

 

WOWOWアンダーワールドとかレディオヘッドとかエレクトロ系の人たちを聴いていたけれど、凄く良かった。踊りたくなる。

今迄そんなに気づかなかったけど、傾向としてロックよりもこういうのが好きだ。

 

牛乳を温めて、コーヒーをスプーン一杯、ココアをスプーン山盛り2杯入れて、それを飲みつつ絵を描きながら音楽描くのが最近の幸せ。

 

洒落たカップが欲しい。

 

 

f:id:tenpurahime:20161221010245j:image

 

 

鶏そぼろごはんが食べたい。

 

2016.12.19

 

今日はいけないことを沢山してしまった。

自分を止められなくて恐ろしかった。

明日は少し、いや、かなり慎ましやかになると思います。

そうでないと罪悪感で死んでしまいそう。

 

f:id:tenpurahime:20161220015554j:image

 

f:id:tenpurahime:20161220015610j:image

 

僕の大好きな絵を描く华三川さん。

2004年に亡くなっていた。

とにかく情報が少ない人で、画集も入手困難そう。

悔しい。

 

 

 

 

少し寝て起きて活動します。

 

 

 

 

2016.12.18

日記

 

何をするにもこの自尊心が邪魔だなあ。

謙虚なふりをしてもどこか、不意に性格の悪さを露呈してしまうんだろうなあ。

それがとても恐ろしい。

 

結局、自分に自信がなくてこうなってしまうんでしょう。

負けず嫌いでもあるからさらに面倒くさいです。

もっと、何ていうかこう、素直に生きたいものですね。

 

明日明後日を乗り越える。